気になる異性が恋愛話をしてくれたら付き合うチャンス!!恋愛話と心理学

更新日:

 

「男友達に今の彼氏との恋愛の相談をしていた女性が、その男友達と付き合い始めた」という話は恋愛あるあるですね。

なぜそのようなことが起こるのでしょうか?

実は恋愛話をした相手と恋人になるほど仲良くなってしまうメカニズムは、心理学で説明できます。

この記事では、
異性に恋愛話をすると親しくなる心理について解説していきます。

 

スポンサーリンク
 

恋愛話をしたかどうかで、心を開いているかが分かる

親しい人以外には話したくない話題ってありますよね。
自分のコンプレックス、過去のトラウマ、罪悪感を持っていることなどは、親しい人であってもなかなか打ち明けることができません。

恋愛話はそのひとつです。

酷く傷つけられたことや、傷つけてしまったこと、どれだけ相手のことを愛していたか、どれだけ自分が冷静ではなく盲目になっていたか。
良いことばかりでなく、悪いことも起こるのが恋愛です。
他愛もない楽しい思い出やちょっとエッチな話ならば親しい人にはできますが、
心に深く刺さっていて思い出すだけでも痛みを感じる話はやすやすと他人には言えませんよね。

逆に言えば、
恋愛話をつまびらかに話せる相手は深く信頼している人です。

「現在進行形の恋愛相談ができる人は、恋人以上に信頼している人」ということもよくあります。
そのため「恋人と別れたあとに、すぐに相談相手と付き合った」という話はよく聞くんですね。

 

もし今、気になっている人や片思いの人がいるなら、
その人と過去の恋愛話ができているかどうかで、信頼関係が築けているかを確認できます。

気になる相手が、楽しい思い出も苦い思い出もいろいろと話してくれたなら、あなたに対する信頼度はかなり高いです。
もうひと押しで恋人になれるでしょう。

心理的にも「秘密の共有」と言って、他人には言えない秘密話を共有できればかなり親しい間柄になれます。

また、過去の恋愛を知ることで相手のことをもっと深く理解できます。

生き方についての価値観、傷つきやすいポイント、自信を持っていること、許せないことなど、
どんな人間性の人なのかがよく分かります。

自分と相性の合う人なのかを確かめる意味でも、恋愛話をしてみるのはおすすめです。

 

もし過去の恋愛話をしようとしたときに適当にはぐらかされてしまったら、まだあなたは信頼されていないかもしれません。
あるいは相手から軽く見られています。

今は人間関係が薄い状態なので、あせらず地道に信頼を築いていくことが先決ですね。

返事の仕方が大切

相手が恋愛話をしてくれたときには、返事のしかたにも気をつけましょう。

相手は一歩踏み込んだ自己開示をしているので、それを否定するような言葉をかけられると一瞬で心の距離は遠ざかります。
たった一言が修復不可能な信頼関係の崩壊をまねくこともあります。

「うんうん、そうだよね。その気持ちよく分かるよ」
「私も同じ立場ならそうすると思う」

このような相手の感情に寄り添った言葉をかけましょう。
そうすれば相手はあなたのことを良き理解者として認めてくれて、信頼してくれます。

相手の感情に寄り添った会話術としては、バックトラッキングという方法があります。
恋愛相談や過去の恋愛話をしているときには非常に役立つ話の聞き方の心理テクニックです。

 

「相手の意見が間違っているな」と思ったときにも否定するのでなく、
一旦肯定してから相手の良い面を褒めつつ自分の意見を言うと、心理的抵抗がなくなり聞き入れてくれやすくなります。

たとえばこんな感じで。
「たしかにね。君は正義感が強いから余計に苦しんじゃったのかもね。もう少しだけ相手に話をさせてあげてから、優しい言葉で意見を伝えたら良かったかもしれないね」

人の心理として、誰かに相談をしていても、実はアドバイスを求めていません。
自分の意見に賛同してほしいだけで、自分の意見と衝突するようなアドバイスは聞く気がないんです。

この心理はニューヨーク州立大学の心理学者シドニー・シュレーガー教授の実験からも明らかになっています。

相手に意見したいときは「あなたに同意されたい」という心理を無視しないように、
相手の意見に賛同しつつ自分の意見をやんわりと伝えることが大切です。

 

友達に恋愛相談をしてはいけない!?

少し話は変わりますが、
もしあなたが女性で、誰かに恋愛相談をしたいと思っているのなら、女友達にしてはいけません。

このことについて研究した論文があります。
イースト・カロライナ大学のジェイソン教授が行った研究で「恋愛相談は彼氏にするべきか、友達にするべきか」を調べたものです。
複数のカップルを2年間追跡調査した結果、
彼氏に相談せず友達に相談した女性は、33%も別れる確率が高かったのです。

この結果に対する考え方には複数の説があります。
ひとつは「彼氏に相談できないくらいの信頼関係しか築けていないことがそもそもの問題で、別れやすいカップルは友達に相談する傾向があるだけ」というもの。
彼氏に相談できる人はお互い信頼し合っているので、長く付き合うことになるのは当たり前ということです。この研究を行った教授はこの説を唱えています。

もうひとつの説は「女友達は彼女の幸せを願っているフリをしているだけで、深層心理では別れてほしいと願っている。そのため別れさせるためのアドバイスをする」というもの。

そんなに酷いことするかな?と思われるかもしれませんが、女性の心理について研究した数多くの論文はこの説を裏付けています。
女性は本能的には他の女性の幸せを願っていないんです。

調査では女のライバル心に関してこんなことが分かっています。

  • 女性は髪が短いより長い方が恋愛において有利だと考えているため、女友達が「髪を切ろうかな」と迷っていると、「切った方がいいよ」と背中を押します。
    その人に似合うか似合わないかは深く考えていません。
    逆に、男性が同じ相談を女性からされたら「本当に切るの?」と心配します。
  • 女性は可愛い女友達を男性に勧めようとしません。彼氏ができそうもないルックスの悪い女友達なら勧めます。
    逆に、男性は男友達がどんなルックスでも「こいつは良い奴だよ」と言って女性に勧めます。
  • 女友達がダイエットに成功すると3人に1人は妬みます。
    6人に1人は自分より太って欲しいと願っています。
  • 女性の10人に1人は、太った女友達に対して「痩せているよ」と嘘を言います。
  • 女性の10人に1人は、女友達の似合ってない服装を「よく似合っている」と嘘を言います。

このように女性は、妬み嫉みで女友達の足を引っ張ることがよくあります。
彼氏と別れさせようとするんです。怖いですね(笑)

女友達を安易に信頼していると、思わぬ罠に嵌められることがあるかもしれません。

彼氏との間に何か不満や問題が起こった時は、彼氏と相談しましょう。
彼氏とちゃんと向き合って話し合うのが一番良い結果になります。

 

恋愛話は相手との信頼関係を確認できるものであり、さらに親交を深めるチャンスでもあります。
誰かに恋愛相談や過去の恋愛話をされたら、しっかりと聞いてあげましょう。
相手はあなたに信頼を寄せてくれていますから、期待に応えてあげると深く感謝されます。

そして、恋愛話を聞くときには「相手の感情に共感してあげること」がもっとも重要です。

 

恋愛話って意外と重要なサインだったんだ。
考えたこともなかったなー
女の子どうしでは気軽に話すけど、
男性に話すときは好意を寄せていることも多いと思うな
男は恋愛話を自分からすることは少ないかなぁ。
男どうしならエロ話はよくするけどね(笑)
そういう話なら女性の本音を聞いたら、男性はドン引きするよきっと(笑)

 

スポンサーリンク
 

 

<同じカテゴリーの記事>

 

-会話が上手になる, 恋愛心理テクニック, 相手の気持ちが分かる, 簡単に使える心理テクニック

Copyright© Web-Love , 2018 All Rights Reserved.