『シンクロニシティ』で奇跡の出会いを演出する恋愛心理テクニック

更新日:

 

自分と誕生日が同じだったり、同姓同名だったりすると、何となく相手のことが気になりますよね。

本当はただの偶然なのですが、ただの偶然とは思えず、運命的なものを感じます。

そんな心理をうまく利用すれば、好きな人があなたとの出会いに運命を感じてくれます。

この記事では、運命を利用した恋愛心理テクニックを紹介します。

 

スポンサーリンク
 

シンクロニシティとは

私の同僚でこんな2人がいました。

男性と女性だったのですが、2人は同じ歳で、九州の大学を出て東京の会社に就職しました。2人は入社後、初めて同期として知り合いました。
2人は自己紹介をし合って少し話をしてみると、学校は違うものの、なんと実家が300mほどしか離れてないことが分かったのです。
お互いちょうど学区の境に住んでいて、通った学校が異なっていたため、すぐ近くに住んでいたにも関わらず奇跡的に顔を合わせることがなかったそうです。
そんな2人が東京の会社で初めて知り合ったのです。
奇跡というか、運命のいたずらというか。
出会ってから半年後、2人は交際。2年後に結婚しました。今は地元に帰って幸せに暮らしています。

こんなことが実際に起こると、何となく運命めいたものを感じますよね。
「そんな偶然あるわけないじゃん」と言われそうですけど、私の身近で本当にあった話です。

シンクロニシティとは、かの有名な心理学者ユングが提唱した心理現象。

全く関わりのない2人がそれぞれ頭で考えていたことが偶然に一致したり、
ある場所で起きたことが同じ時刻に他の場所でも起こったりするような、
因果性では説明がつかないが意味のある偶然の一致のことです。

偶然の一致を体験した人や見た人は、一種の覚醒や悟りに似た感じ方をするともユングは言っています。

クールに考えれば、こうした偶然の一致は明確な説明がつかないだけで、奇跡でも運命でもありません。
ただのよくあることです。
四つ葉のクローバーも探せばけっこう見つかりますよね。

本来ならば、偶然の一致が起きたからと言って気にすることは何もないのですが、
偶然を体験した人間の脳は運命だと勘違いして勝手にいろいろと妄想をし始めてしまうのです。

シンクロニシティを一言で言ってしまえば「運命だと勘違いする心理」です。
この心理を利用すれば、ただの出会いを奇跡の出会いだと勘違いさせることもできてしまいます。

 

奇跡は起こるのを待つものじゃない。作るもの。

心理学では、意味のある偶然の一致が何度も重なると、お互いに特別な存在として認識するようになることが分かっています。
この心理を利用すれば、気になる相手を振り向かせることができます。

偶然の一致はけっこう簡単に作れます。

たとえば、
気になる異性から電話やLINEが来た時に、こう言います。
「ちょうど今あなたに連絡しようと思ってスマホを手に取ったところだったんだよ!!そしたら、そっちから連絡が来るんだもん。ビックリした!!」

一緒に食事に行った時も、相手がメニューを選んだら
「私もそれにしようと思ってたんだ」

何度も繰り返せば、相手は「ただの偶然にしては多いなぁ…。これって運命かも…」と妄想を膨らませて、あなたのことが気になり始めます。

 

『耳をすませば』もシンクロニシティを使っていた!?

スタジオジブリのアニメ『耳をすませば』の登場人物・天沢聖司が実は偶然の一致を仕掛けているのでは?とネット上では話題になっています(笑)


引用:ぱぴぷ速報

①ヒロインの雫が読みそうな本をあらかじめ借りて、自分の名前を雫に刷り込む。
②カントリーロードをあらかじめ猛練習しておいて、偶然自分も弾けるように見せかける。
③夜明け前に雫の家の前で何時間も待ち伏せし、雫が窓から顔を出すのを待ち続け、雫が顔を出したら偶然を装う。
(参考:恐るべきストーカー男『耳をすませば』の天沢聖司に見る恋愛の駆け引き)

ロマンティックに思える出会いも、実はすべて仕組まれたものかもしれないですね。

まあこれは冗談ですが、
見方を変えれば、視聴者の私たちは近藤喜文監督や原作者の柊あおいさんにシンクロニシティを使った心理操作を受けているわけです。

だって、天沢聖司がシンクロニシティを利用して雫に近づいたわけじゃないという証拠となる場面は、映画の中でどこにも出来ませんでしたからね。
私たちの脳はその可能性を根拠もなく排除して、意味のある偶然の一致が本当に偶然だったと受け入れて映画を観ていたんです。

ちょっとややこしい話になってしまいましたかね(笑)

 

シンクロニシティが起こる具体例

シンクロニシティを利用するためには、シンクロニシティを感じやすいシチュエーションを作る必要があります。

どんなときに人は奇跡を感じるのでしょうか?

比較的簡単に作れるシチュエーションを紹介します。

 

①偶然に何度も出会う

たとえば、大学でたまたま素敵な男性を見つけたとします。
「あの人、カッコイイな。あんな人と付き合えたらいいのにな」とか内心では思っちゃいますよね。

翌日、駅の改札口を出ると、誰かと待ち合わせしている様子の彼を発見しました。
「あ、昨日大学で見た人だ…」

さらに翌日。今度はよく行くコンビニで立ち読みをしている彼がいました。
「え?またあの人。このコンビニ来るってことは家が近いのかな?」

3日連続3度も偶然同じ人を見かけたら、相手が何者なのか知りたくなります。
また、なぜこんなに偶然が重なるのか気になります。
これが運命ってやつ?何かの波長が合っているの?と非科学的な妄想が始まります。

でも、同じ大学に通っていて家が近所なら、4年間のうちに1度くらいこういうことが起こっても何も不思議はありません。
私にも似たような経験があります。相手は男友達でしたけどね(笑)

最初にイケメンの彼のことを恋愛対象として意識したので、その後の出会いにより脳内にシンクロニシティを起こすことになったんですね。
相手がキモい男だったら何度会っても目にも入らなかったでしょう。

 

②今から連絡をしようと思ったら、相手から連絡がきた

「気になる彼にメールをしてみようと思ったら、彼からメールがきた」という経験はあるあるですよね。

本人たちは「わぁ!!すごい偶然!!」と思ってテンションが上がりますけど、実は偶然でもないんです。

だいたいみんな生活リズムって似ていますよね。
朝起きて、仕事や学校に行って、昼食を食べて、午後も職場や学校にいて、夕方から夜には帰宅。夕食を食べて午前1時までには寝る。
人によって誤差はありますけど、普通に生活していればだいたいみんな同じ生活リズムになります。

そうすると、心理状態も時間帯によって似てくるんです。
集中して仕事をしている時間や寝ている時間に、誰かのことを考えて連絡する人はいません。物理的にも無理ですよね。

食事が終わった直後や、仕事が終わった直後のホッとした時間に、友達や恋人に連絡してみようかなと思うものです。
生活リズムが似ていれば、連絡したくなる時間帯も似てきます。

つまり「連絡しようと思ったら、相手から連絡がきた」というのは2人の思いが繋がり合ってるわけじゃなくて、同じ時間に同じ心理になる生活をしているからです。

相手が気になる人だと、この当たり前の現象を奇跡だと勘違いしてしまうんですね。

 

③服の色がかぶる

たまに同じようなデザインの服を友達が着てくることってありますよね。

「なんで同じの着てくるんだよ!!」と言って文句を言うことが多いですが、これも必然。
友達になれるほどの価値観の近い者どうしが、同じ場所に向かう時に、同じ服を選ぶのは、当たり前です。
服を選ぶときの心理が一致しているからです。

たとえば、あなたと同じように体を鍛えるのが好きな友達がいたとします。
季節は夏。今日は一緒に海に遊びに行く約束の日。

何を着ていこうかと考えた時に、暑いので薄着、なるべくなら鍛え上げた肉体を見せたい、女性にモテるかもしれない。
そう考えてタンクトップを選びました。下は膝丈のハーフパンツ。
色は、夏なので明るい白系統。

待ち合わせ場所に行くと、友達も同じ格好をしていました。

当たり前ですよね。
同じシチュエーションで、同じ考えを持つ人と、同じ場所へ行くんだから。

でもそうは考えず「やっぱお前とは気が合うな!!」と連帯感を感じてしまうのがシンクロニシティです。

 

この勘違いを利用すれば、相手の心に入っていけます。
上の例のような偶然を人為的に作り出すことで、相手からの好感を得ることができるんです。
もちろん意図して偶然を作ったことは相手には隠して「わーすごい!!偶然だね」と驚く演技をしておきましょう。

誰にでもできる簡単な心理操作テクニックのひとつです。

 

 

シンクロニシティを神秘的な力だと解説する無責任サイト

Googleで「シンクロニシティ」と検索して上位に表示されているサイトにはこんなワードが並んでいます。

・お互いの結びつきが強いから起こる
・引き寄せの法則
・波長が合う人同士で起こりやすい
・スピリチュアル
・宇宙からのサイン
・直観力を高めよう
・ツインソウル
・運気が上がっている証拠

妄想するのは勝手ですが、あたかも事実のように語って読者を混乱させるのは人としてどうなんでしょうか。
たぶん普通の主婦が1記事3000円くらいで雇われて適当に書いてるんでしょうね。

ここまで説明してきたように、
偶然は、運命でもスピリチュアルでもありません。起こるべくして起こるものです。
偶然が起きた理由を非科学的なものに求める人は、シンクロニシティの本質を理解して意図的に使いこなせる人に簡単に騙されて(心理操作されて)しまいます

これらのサイトは、適当な記事を書いてPVを増やして、広告費で利益を上げているだけです。
シンクロニシティを一番ガツガツ利用して、お金に変えている人たちですね(笑)

感情的になりやすい人は、こういうインチキに騙されやすいです。
くれぐれも気をつけて下さいね。

実際に騙されて「占い師や自称・霊能者に何十万円も取られてしまった」という経験がある方もいらっしゃると思います。
でも泣き寝入りすることもないんですよ。
占い詐欺専門の弁護士さんに相談すれば、今までに支払ったお金を取り戻せるかもしれません。

全国どこからでも相談できるので、
詐欺に遭ったことのある方は、一度相談してみましょう。

 出会い系詐欺・占い詐欺の無料相談

 

奇跡は今現在も起きている、しかし、それを理解しようとしない脳

私たちがシンクロニシティを感じる場面は他にもたくさんあります。

たまたま街で知っている人に出会う、
好きな有名人と出身校が同じ、
大きな出来事が起こるときにはある数字がいつも関わっている、
大地震が起きる前にクジラの群れがビーチに打ち上げられたというニュースを聞く、
親しい人が亡くなる夢を見たら本当に数日後その人が亡くなる、
迷っているときにたまたま手にした本にヒントが書かれている、などなど。

毎日のように奇跡が起きてます(笑)

これらはすべて物理現象として起こるべくして起きただけのことで、超常現象ではなく、スピリチュアルな意味もなく、引き寄せの法則でもないのですが(笑)、
私たちの脳はそれを特別な現象として理解したがる性質があります。

私たちの脳は発生する確率の低い出来事に遭遇すると、合理的な考え方を捨てようとします。
合理的に考えようとすると脳がエネルギーをたくさん使うので、神秘的なものと結び付けて省エネでサクっと理解しようとしたがるんです。
奇跡的なこととして納得した方が、脳の処理として楽だからそうしているだけなんですね。
私たちはそういった脳の仕組みがあることに無自覚になりがちです。

そのため私たちはよく起こる偶然の出来事を、奇跡的なこととして簡単に納得してしまうんです。

 

地球には70億人以上の人が住んでいますが、その全員に会おうとすると、1人1秒しか会わなくても220年かかります。
一生のうちに10万人と会えたとしても、地球上にいる99.999%の人とは会うことができません。

逆に考えると、もし今、目の前にいる人と1時間一緒にいたら、それは奇跡の出会いです。
他の99.999%の人たちとは出会うことすらできないのに、
2人は同じ時間、同じ場所で同じ経験を分かち合えているのです。奇跡としか言いようがありません。

今この記事を読んでいるあなたと、この記事を書いている私のネット上の繋がりすら奇跡の出会いです。

あなたは偶然にも私が作ったサイトにやってきて、私とつながりを持ちました。
お互いどこの誰かも分からないのに、ネット上で奇跡的につながりを持てたのです。
お問い合わせページからメッセージを送ったり、この記事のコメント欄にメッセージを残せば私とやりとりもできます。
何かの縁があるかもしれませんね。

 

でも、きっとあなたは私にメッセージを送らないでしょう。
なぜならあなたにとって私とのこの出会いは「たいして意味のないものだから」です。

シンクロニシティはそこに意味を感じたときに初めて起こる心理です。
気になる男性との偶然の出会いに奇跡を感じるのは、相手が気になる男性だったから。
そもそも気になってない私のような存在であれば、何度会っても運命なんて感じません。

私たちが信じている奇跡というものは、私たちの脳が勝手に作り上げているものなのです。

それを逆手に取って、いろいろ工夫して奇跡や偶然を演出してみてください。
それだけで相手はシンクロニシティを感じてあなたのことが気になり始めます。

 

YYCのシンクロニシティを応用したサービス「ボトルメール」

ミクシィが運営しているYYCという恋活サイトのサービスには、シンクロニシティを上手に利用できるサービスがあります。
ボトルメールというのですが、ランダムで選んだ異性に、あらかじめ設定しておいたメッセージを自動送信してくれるサービスです。

誰にメッセージが届くのか分かりませんから、もらった相手は偶然性を感じます。
運命の出会いの完成ですね(笑)

メッセージの内容をシンクロニシティを感じさせるように工夫して書けば、相手は非常に気になり始めて思わず返信をしてしまいます。
実際に私もシンクロニシティを応用した文章を書いてボトルメールを使ってみたのですが、毎日いろんな女性から返信がきました。

YYCはメールアドレスだけで登録できますが、ボトルメールをするには年齢確認も必要です。
恋活サイトなので18歳未満は使えないようになっているんです。その点だけ注意してくださいね。

 YYC公式サイト(R18)

 

このようにシンクロニシティを利用すれば、奇跡の出会いだと思った相手から好感が得られます。
人生に実りをもたらしてくれる本当に良い出会いのチャンスを掴むことだってできます。

シンクロニシティを使って、恋人をドキドキさせる楽しい恋愛をしてみてください。

 

 

ボトルメールの返信がまたきたよ。ほら。
「メール届いたよ!!」
「よろしくね!!メールありがとう(≧∀≦)」
「初めまして(^^) ○〇ですo(*^▽^*)o よろしくお願いします」
たくさん来るなー
女の子はちょっとでも奇跡を感じると、ロマンチックな気分になるんだよね
男はいつも子どもっぽいけど、
こういうところは意外と冷静なんだよね

 

スポンサーリンク
 

 

<同じカテゴリーの記事>

 

-上級者向け心理テクニック, 恋愛心理テクニック

Copyright© Web-Love , 2018 All Rights Reserved.