あなたは印象操作する側?される側?人をその気にさせる恋愛心理テクニック

更新日:

 

この記事で紹介する心理テクニックはいろいろな場面で使える「相手をその気にさせる」方法です。

例えば、あなたが気になっている異性はどんな人を恋人にしたいと思っているでしょうか?
もし優しい人が好きならば、あなたが相手にとって優しい人になれば良いですね。

しかし、あなたが自分のことを優しい人間だと思っていても、相手があなたのことを優しい人だと認識してくれなければ意味がありません。
隠れた優しさなんて誰も気づきませんから。

そんなときに使える恋愛心理テクニックが「3回以上繰り返して自分は優しいと伝える」ことです。

「自分で自分のことを優しい人だって何回も言うの?そんなあざといことをして相手が信じるわけない」
みなさんの中には、そう思う人がいるかもしれません。一見すると、あまりにも単純すぎる話に思えます。

しかし本当に効果があることが実験で証明されていますし、現実に様々な仕事でこのテクニックが使われています。

知らず知らずのうちに心理操作される側でいたいですか?
このテクニックを使いこなして心理操作する側になりたくありませんか?

 

スポンサーリンク
 

3回以上同じことを言うだけで、本当に相手はその気になるのか?

米国のケント州立大学のマリア・ザラゴザ博士が行った実験があります。

まず、255人の学生に強盗現場の映像を5分間見せ、その後、映像には映っていなかった情報を暗示話法によって植え付けました。
映像では犯人は素手で犯行を行っていたのですが、手袋をしていたという情報を刷り込みました。
「あの手袋をはめた犯人について…」
「犯人は手袋をしていましたが…」
「指紋を残さないように犯人は手袋をしており…」

このような言い方で語りかけ、学生たちに犯人は手袋をしていたと誤った情報を植え付けました。
さらに、このような刷り込みを3回行ったグループと、1回だけのグループに学生たちを分けました。

それから1週間後、学生たちの記憶がどのくらい間違った情報に置き換えられているかを調べました。
その結果、1回だけ暗示を行ったグループと3回暗示を行ったグループでは、間違った情報に置き換えられていた学生の数が6倍も差があったのです。

つまり、3回以上同じことを言われると、6倍も記憶を操作されやすくなることが分かったのです。

 

これは脳内の仕組みを考えても理にかなっています。

脳にはニューロンという神経細胞のネットワークがあり、それを使って情報が記憶されています。
たとえば、走る、道、タイヤ、金属、乗る、エンジンという「車」をイメージするニューロンを通るルートがあります。
そこに大きい、荷物、荷台などの情報がリンクされるとトラックという記憶が出来上がります。
つまり既存のルートに結び付けて新たな記憶が作られるのです。
実験のケースでは、強盗現場をルートとして記憶し、そこに新しい要素である「犯人は手袋をしていた」という情報を繋げます。
一度刺激しただけでは定着が弱く、ルートにリンクする記憶にならないので、三度以上刺激して記憶させ、ルートに「犯人は手袋をしていた」という情報をリンクさせてしまうのです。
一度リンクされてしまうと、あたかも最初から記憶していたかのように錯覚し、間違った情報とは思わずに記憶の改ざんが行われてしまうのです。

 

あなたも操られています。繰り返しの心理操作術。

この心理操作(記憶操作)は、良いことから悪いことまで様々な場面で応用されています。

振り込め詐欺師が使う「騙しのテクニック」

そのひとつが、振り込め詐欺です。
詐欺師は様々な心理操作を使いこなして他人を騙しています。

振り込め詐欺は、まず加齢によって判断能力の落ちている老人を狙います。
そして複数の犯人が複数の役を演じる劇場型で被害者を陥れます。
お金を必要としている息子役、息子をサポートしている弁護士役、アドバイスをする警察官役など何人も登場します。
最初は息子役から電話があり「困ったことになった」と伝えられます。
この時点ではまだ本当かなと疑っていたとしても、次に警察官役が「このままでは息子さんは刑事罰を受けることになってしまう」と言います。さらに弁護士役が紹介され「今の段階であれば示談金300万円で決着できる」と言います。
異口同音に繰り返し「息子が金に困っている」ということを聞かされて、疑いの気持ちは薄れ、本当に起こっていることだと記憶されてしまう(信じてしまう)のです。

 

ドラマや映画で使われる印象操作

ドラマや映画のシナリオとしても使われることがあります。

たとえば、サスペンスドラマなどである登場人物に対して視聴者に「こいつが怪しい」と思わせるために3度以上怪しさを感じさせる演出を行います。
まずは風貌で悪い目つきをさせます。視聴者はその顔を見て「人相が悪い。こいつは怪しい」と感じます。
次に、刑事が訪ねて来たときに少し焦らす演技をさせます。すると視聴者は「警察を見て動揺するなんて、やっぱりこいつは怪しい」と思います。
さらに暴力的な一面もあるというシーンを見せることで「やっぱりこいつが殺ったんだ」と視聴者は思い込みます。
手を変え品を変え、犯人につながるキーワード(目つき、刑事をみて焦る、暴力的)を刷り込み、視聴者へ印象操作を行うのです。
しかしラストシーンで「視聴者が犯人だと思い込まされた人物は実は善人で、真犯人は別にいた」という演出を行うのです。
大どんでん返しのサスペンスドラマの出来上がりですね。

 

新聞などの報道メディアが行っている印象操作

新聞報道でも印象操作は行われています。

本来ニュースメディアは中立な立場で事実のみをあますことなく報道しなければなりませんが、
現実には公平中立なメディアはひとつもないです。多かれ少なかれ偏向報道がされています。
朝日・毎日は左翼系、産経は右翼系なんて言われ方もしますね。

普通の人は新聞をとるときに、右翼系か左翼系かなんてあまり気にしていません。
とりあえず新聞が読みたいから一紙だけ取っているという人がほとんどです。

しかし多くの新聞では、政府を徹底的に批判する記事がとりわけ大きな見出しで書かれていて、政府が行った成果については片隅に少し記載がある程度だったりします。
実際には過去の政権や他国の政権よりも良い政策を実行していても、手放しで褒める内容の記事は書かれません。

このような批判ばかりの新聞を365日読んでいる人は「今の政権はなんて酷いんだ」と思い込んでしまいます。
悪い情報を強調して毎日繰り返し刷り込まれるので、だんだんとそうとしか思えなくなってくるんです。
脳内の神経ネットワークが「政権=悪」と考えるように出来上がってしまうので、たとえ政権が良い成果を上げても正当に評価しなくなります。
その結果として、政治不信や投票率の低下につながっていくのです。

 

このように、
私たちは知らず知らずのうちに誰かに都合良く心理操作をされています。

 

好印象を持ってもらうために使う方法

さまざまなエピソードトークからひとつの印象を持たせる

印象操作されるばかりではなく、逆に私たちが利用することもできます。

日常生活で応用すれば、相手へこちらの思惑通りの印象を植え付けることもできます。

たとえば、
好きな人に気に入ってもらいたいのなら「あなたは理想の人」という印象づけをしましょう。

もしあなたの好きな人の理想のタイプが"優しい人"なら、あなたの優しい一面を印象づけましょう。
「植物に毎日水をあげている」「ネコが好き」「親に旅行をプレゼントした」「老人ホームでボランティア活動をしている」「被災地に寄付をした」など様々な角度から優しい一面があることを伝えると効果的です。

「私は優しいです」と直接的な言葉で何度言っても嘘くさいだけなので、
具体的な話をいくつか用意して、雑談中にそれとなくエピソードトークをするのです。

「先週ネコカフェに行ってきたんだ。すごく可愛かった^^」

これを聞いたの人の脳内では、「ネコ好き=優しい」という神経細胞ネットーワークのルートが出来上がっているので、「あなた=ネコ好き=優しい」という印象が自然にリンクされます。
つまり、優しい人というイメージを連想させる言葉をアピールしていくと、相手には心理操作をしていると気づかれないままいつの間にか印象づけることに成功できるんです。

 

何度フラれてもめげない人

何度フラれてもめげずに何度も告白して最後には成功する人がいますが、繰り返しの心理操作が役立っています。

一度目の告白で「好きです!!付き合ってください!!」と大きな声で伝えても、
「タイプじゃないし。そんなデカイ声で言われても迷惑だし」とそっけなくフラれてしまいます。

二度目も同じように告白してやっぱり同じようにフラれます。

三度目くらいからちょっと変わってきます。
「この人、また告白してきた。本気で私のことが好きなんだ。」と強い気持ちがあることが伝わります。

そこでまたフラれてしまっても、めげずに四度目の告白をします。
きっとその頃には最初の告白から1年以上は経っているでしょう。
「こんなに長い間本気で好きでいてくれるなんて。こんな私のことを。」と思うようになります。

承認欲求をガッチリ満たし、さらに単純接触効果もあるので、告白された人の心はグラグラに揺れます。
「タイプじゃなかったけど、ちょっとくらいなら付き合ってみようかな」と考えを改めます。

 

このように、
恋愛においても伝えたいことを3度以上繰り返すと、相手の心を操作することができます。
繰り返しイメージさせることで、相手をその気にさせてしまいましょう。

繰り返しの心理テクニックは、さまざまな場面で効果を発揮するので、うまく応用して活用してください。

ただし、振り込め詐欺のような悪用は厳禁ですよ。
平和利用してくださいね^^

 

好きです!!今晩セックスしてください!!
好きです!!今晩セックスしてください!!
好きです!!今晩セックスしてください!!

その使い方、ぜったい間違ってるよね

 
スポンサーリンク
 
 

<同じカテゴリーの記事>

 

-会話が上手になる, 恋愛心理テクニック, 簡単に使える心理テクニック

Copyright© Web-Love , 2018 All Rights Reserved.