心理学が出会いをもたらすマッチングアプリ5選

更新日:

 

この記事では、
「出会えるマッチングアプリ」を5つに絞って紹介します。

数千のマッチングアプリがありますが、
「会えるアプリ」と「会えないアプリ」があるんですよね。

 

会えるアプリは以下の特徴があります。

会えるアプリの特徴

  • 会員数が多い
  • 会員の質が高い
  • サクラがいない
  • 男女比が1:1に近い
  • 運営会社の社会的信用力が高い

 

逆に会えないアプリの特徴は以下の通りです。

会えないアプリの特徴

  • 会員数が少ない
  • 援助交際をしている会員や業者が多い
  • サクラやキャッシュバッカーがいる
  • 男女比が9:1など大きく偏っている
  • 運営会社の経営者に逮捕歴があるなど信用力が低い

 

これらの他にも、会えるアプリには心理学的な観点から見て会いやすい特徴があるんですよ。

各アプリの紹介をしながら解説していきますね。

 

ではさっそく、おすすめの会えるアプリを5つ紹介していきますね!

 

with(ウィズ)

 with 公式サイトはこちら

 

心理学的に一番おすすめなマッチングアプリは『with』です。

実は私もwithで今の彼女と出会いました。

withはメンタリストのDaigoさんが監修しているアプリなんですけど、
科学的に信頼性が高いとされている性格診断テスト『ビッグファイブ分析』を使って、あなたにぴったりの相手を見つけてくれるんですよ。

ビッグファイブ分析に関してはMarcus Buckingham著の『Now, Discover Your Strengths: How To Develop Your Talents And Those Of The People You Manage』が詳しいです。

私はこの本を完読して何時間もかけてビッグファイブ分析をしたことがあるのですが、正確に自分のポテンシャルが解析されてビックリしたことを覚えています。

withならこの本も読むこともなく手軽にビッグファイブ分析できるからスゴイ!

さらに、マッチングした相手の性格や発言などを心理解析して、盛り上がる話題や会話の持って行き方までアドバイスまでしてくれるんです。

 

科学的な裏付けの取れている心理学の法則を応用することで、遺伝子レベルで相性の良い人が見つかるというわけです。

そのためwithのマッチング率は非常に高く、恋活・婚活の両方に使えます。

 

会員数は120万人を突破。
口コミで評判が広まり、右肩上がりで増え続けています。

マッチングサービスwithのユーザー数の推移。2,016年9月期から凄まじい伸びを見せている。

出典:IGNIS 第9期ビジネスレポート

 

アプリの売上ランキングでも長期に渡って上位をキープしています。

マッチングサービスwith iOSアプリ売上ランキングの推移

出典:IGNIS 第9期ビジネスレポート

 

withのマッチグアプリとしての評価は頭一つ抜けているので、会員数は今後さらに伸びていくでしょう。

正直、他のマッチングアプリとは比べ物にならないほど優秀なアプリです。

 

運営会社は東証マザーズに上場している株式会社イグニス。
上場企業が運営しているので社会的な信頼性が抜群。

サクラもいないし、業者やキャッシュバッカーなどのように迷惑行為を行う会員もいません。
そういった会員は、すぐに運営さんが見つけて排除してくれるんですよ。

運営体制がしっかりしているので、一般的な出会い系サイトとは会員の質が全然違いますね。

イグニスの社長さんが「withで究極のユーザビリティを追求していく」と仰っている通り、
心理学に基づいたサイト設計、自己紹介文の自動生成機能、相性診断イベントなど、withが業界に先駆けて取り入れてきた様々な機能が充実していて、めちゃくちゃ使いやすいです。

また2017年まではFacebookの友達が10人以上いる人しか登録できませんでしたが、現在は電話番号の認証(SMS認証)でも登録が可能となっています。

年齢層は20代前半~30代前半が中心。

男性の私からすると若い子が多くて嬉しいですね。
「若い子が多い=可愛い子が多い」ってことですから(笑)

 

withで良い出会いがある人の特徴。

  • 安全に出会いたい
  • 他の出会い系サイトやマッチグサービスを使ったけど出会いがなかった
  • 見た目だけでなく人間性も大切にしたい
  • 本当に幸せを感じられる人と付き合いたい
  • 料金の安いアプリを探している

あなたの人生に良い影響を与えてくれる本当のパートナーを見つけるなら、withが一番良いです。

with 無料登録はこちら

 

 

Pairs(ペアーズ)

pairs1

 ペアーズ 公式サイトはこちら

 

心理学的におすすめなマッチングアプリ、2つめはペアーズです。

「マッチングアプリ=ペアーズ」と言ってもいいくらいの認知度なので、あなたの周りの人にもペアーズをやった経験がある人が必ずいるでしょう。
友達には内緒でこっそり始める人も多いですけどね(笑)

ペアーズはダウンロード数・売上ともに、圧倒的人気ナンバーワンのマッチングアプリです。

 

ペアーズの魅力はなんと言っても会員数の多さ。

国内外で800万人が利用しており、毎日5000人が新規登録しています。
運営会社のエウレカが把握しているだけでも18万組以上のカップルが交際・結婚に至っているんですよ。

すべての数字が桁外れですね。

エウレカの社員さんもペアーズで知り合った人と結婚するケースもよくあるんだそう。
社員がペアーズをきっかけにして結婚すると、会社から通常のお祝い金にプラスして5万円もらえるらしいです(笑)

 

会員数が多いので、ペアーズにはあらゆる人がいます。

会社経営者、医師、看護師、保育士、教師、上場企業の会社員、外資系企業の会社員、大学生、ネイリスト、風俗嬢、キャバ嬢など、職業は様々。

モデルレベルの可愛い子やイケメンもいますし、容姿がいまいちな人もいます。

婚活を真面目にしている人もいれば、ヤリモクの人もいます。

つまり、会員のステータスや構成は実社会と同じということですね。
会員数が数百万人規模になると、偏りがなくなりますから。

 

そのため、普段は絶対に出会うことがないような人と会えるので楽しいですよ。

女子大生が経営者の男性と付き合ったり、元ヤンが学校の先生と付き合うなんてこともあるわけです。

人生を変えるドラマがありますね!

ちなみに40代以降の人は全体の10%ほど。20代が約70%、30代が約20%となっています。

10%と聞くと少なく感じますが、人数にすれば80万人なので十分に多いです。

 

ペアーズはこの膨大な会員のマッチング行動をビッグデータとして活用し、独自のマッチングアルゴリズムを開発してきました。

それに加えて、2018年12月からは東京大学の山崎研究室と共同で新たなアルゴリズムの研究が行われています。
東京大学で行われている魅力工学機械学習・パターン認識などの技術をマッチングアプリに応用する取り組みです。

心理学はもちろんのこと、認知科学やAI技術などさまざまな最先端科学を取り入れた、マッチングしやすい会員を紹介してくれる新しいアルゴリズムを開発中とのこと。

 

withはアプリとしてはめちゃくちゃ優秀なのですが、後発組なので会員数はこらから伸びていく段階にあります。
東京・大阪・名古屋などの大都市であればすでにたくさんの会員がいるのですが、地方だとまだちょっと少ないんですよね。

その点ペアーズは会員数が多いので、人口の少ない地域に住んでいる人も出会いがあります。

マッチングアプリ選びで迷ったら、とりあえずペアーズから始めるのがベターですね。

ペアーズもFacebookまたは電話番号の認証で登録できますよ。

Pairs 無料登録はこちら

 

 

ユーブライド

 ユーブライド 公式サイトはこちら

 

婚活アプリで一番おすすめなのはユーブライド。

withやペアーズは恋活と婚活の両方ができるアプリですが、
ユーブライドは婚活に特化しています。

アプリで婚活をするならユーブライドから始めるのが鉄板ですね。

 

結婚を意識している人が多いので年齢層が高めで、30代~40代が中心。

運営歴は婚活アプリとしてはもっとも歴史が長く、18年の実績があります。

累計登録者数は170万人で、婚活アプリの中では日本最大級。

 

マッチングアプリはFacebook認証を求められることが多いですが、ユーブライドはFacebookをやっていなくても大丈夫。

メールアドレスだけで登録できます。
登録後に本人確認(年齢確認)がありますが、本人確認は出会い系サイト規制法という法律で義務付けられているので、すべてのマッチングアプリで行われています。

料金もリーズナブルで、登録はもちろん無料。
メッセージのやり取りをしたい相手が見つかったら有料会員になれば良いので、お試しで利用することができます。

 

心理的にも婚活目的で登録する人がほとんどなのでマッチングしやすいですね。

一般的な出会い系サイト(ハッピーメール、ワクワクメール、PCMAXなど)ではヤリモクや援交目的の男性しかいないので婚活なんてとてもできませんが、
ユーブライドにいるのは真面目に結婚を考えている人ばかりなので、婚活がちゃんとできるんですよ。

私が実際に使ってみた感じでは、
年齢層が高いだけあって、恋愛下手な人が多い印象はありましたけどね(笑)

ユーブライド 無料登録はこちら

 

 

ブライダルネット

結婚・お見合い・婚活・結婚相談の総合サイト ブライダルネット

 ブライダルネット 公式サイトはこちら

 

心理学的におすすめなマッチングアプリの4つめは、ブライダルネット。

ブライダルネットの一番の特徴は『婚活サイト』という点。
マッチングアプリではなく、婚活サイトという位置づけですね。

結婚を前提としたお付き合いをしたい人たちが多いサイトです。

ブライダルネットのゴールはマッチングでもなく、付き合うことでもなく、結婚。

そのため、本人確認では運転免許証の顔写真や本名まで見られますし、メイン写真ははっきりと顔が写っている写真しか載せられません。
任意ですが独身証明書や年収証明書を提出するとプロフィール詐欺をしていないことも証明してもらえます。

このように会員の素性が明らかになっているので、安心して結婚相手を探せるシステムになっています。

運営会社は東証1部上場企業で、結婚関連ビジネスを手がけているIBJ。

結婚相談所なみにしっかりと婚活できるのに、利用料金は結婚相談所の10分の1以下。格安です。
ただし無料登録はできなくて、男女ともに登録時点から料金が発生します。

 

会員数が31万人と少ないのが一番の難点。

ブライダルネットに限らないのですが、婚活サイトは結婚に本気の人だけが集まるので会員がどうしても少なくなるんですよね。
田舎だと絶望的に会員がいない地域もあります。

男女比は44:56で、女性の方が若干多いです。

「ブライダルネットは会員数が少なすぎて使えない」と感じることもあるかもしれません。

そんな時は、withやペアーズにも婚活をしている人はたくさんいるので、乗り換えるのがおすすめです。

ブライダルネット 公式サイトはこちら

 

 

マリッシュ

 マリッシュ 公式サイトはこちら

 

最後に紹介するのは再婚したい人向けのマッチングアプリ『マリッシュ』

ちょっと変わったコンセプトのアプリですね。

バツイチの人、シングルマザーさん、シングルファーザーさん。
そういった人にポイント増量などの優遇施策をしているアプリなんですよ。

もちろん未婚の人もたくさん登録していますけどね。

 

コンセプトがハッキリしているので、マッチング率も高いです。

たとえば、ペアーズだと未婚者が大多数なのでバツありの人はモテません。

未婚の人とバツありの人で同じようなスペックだったら、バツありの人は敬遠されてしまいます。
やっぱりそこで差をつけられてしまうんですね。

でもマリッシュならバツありの人が多いし、それを知った上で登録している人が多数いるので、最初から受け入れてもらいやすいんです。

心理的にバツありの人に対して寛容な人たちが集まっているわけです。

 

もう一度結婚したいけど相手が見つからない。

バツありだけどマッチグアプリで恋人を探してみたい。

そういった方はマリッシュでチャレンジしてみると良いかもしれませんよ。

マリッシュ 無料登録はこちら

 

 

以上、おすすめのマッチングアプリを5つ紹介しました。

まとめ

  • 都市部に住んでいる方が恋活するなら『with』
  • 東京・大阪・名古屋以外の地域に住んでいる方は『ペアーズ』
  • 婚活するなら『ユーブライド』
  • 婚活で複数サイトを併用するなら『ブライダルネット』
  • バツありの方は『マリッシュ』

人によって向いているアプリは異なります。

ペアーズは会員数が圧倒的なのでどんな目的にも使えますが、
ペアーズほど会員数の多いマッチングアプリは存在しないので目的によって使い分けることが重要になります。

 

効率を上げるならアプリを併用しましょう。

たとえば、恋人が欲しい人はwithとペアーズを併用すればすぐに良い人が見つかります。

婚活している人はユーブライドとブライダルネットを併用すれば、選べる会員数が増えるので選択肢がグッと広がります。

ひとつのアプリにこだわって探すよりも、いろんなアプリを併用した方が効率的です。

 

恋活でも婚活でも、若い方が有利なことは変わりません。

時間は無情にも過ぎていきます。今この瞬間よりも若くてモテる未来はやってきません。

意外とみんな気づいていないのですが、誰にとっても今が一番若くてモテる時なんです。

10年後のあなたは今のあなたよりも確実にモテなくなります。

できるだけ早く行動して、時間を味方につけましょう!

 

 

-ネット恋愛と心理学, 理想の相手を見つける方法

Copyright© Web-Love , 2019 All Rights Reserved.