おすすめの手汗対策と制汗剤。汗と恥をかかなたいためには事前準備が大切。

更新日:

 

手汗をかきやすい人は何かと困ることが多いですよね。

当サイトでは握手で人間関係が良くなる方法を紹介していますが、
「握手をしたくても手汗が恥ずかしくて躊躇してしまう…」という人も多いです。

特に初対面の人と会うときには緊張して、手に汗がびっちょりなんてことも。
せっかく好印象を持ってもらうチャンスなのに、手汗のせいで逆効果です。

そんな悩みを解決するために、
この記事ではおすすめの手汗対策と手汗専用の制汗剤をご紹介します。
 

スポンサーリンク
 

制汗剤は脇用と手汗用では目的が違う

よくテレビCMで見かける資生堂の『シーブリーズ』や花王の『8×4』などがメジャーな制汗剤ですよね。

私の家族の女性陣も夏になると毎日のようにスプレーして出かけて行きます^^

しかし、実は8×4は制汗剤というよりは、消臭剤に近い成分なんです。
BGA(β-グリチルレチン酸)で臭いの原因菌を殺菌したり、消臭緑茶エッセンスで臭い成分を包んだりする効果があります。
気になる脇の汗の臭い対策なんですね。
同じくシーブリーズも消臭効果や使用感(香り、清涼感)に力点を置いて作られています。

制汗剤として超有名な商品ですけど、汗の量が劇的に減るというような設計にはなってないんですね。

そもそも汗を出す汗腺には2種類あって、エクリン腺とアポクリン腺と言います。

・エクリン腺

体温調節のために全身に分布していて、手汗はエクリン腺から出てきます。
エクリン腺から出る汗は99%が水分でそれ以外は塩分がほとんど。なので無臭です。

・アポクリン腺

脇、乳首、下腹部に集中しています。
アポクリン腺から出る汗は白く濁っていて臭い(ワキガ臭)の原因となる脂質やタンパク質が含まれています。

多くの制汗剤は脇に使うことを想定しているので消臭力を重視したものが多く、制汗力がメインでないことが多いんです。
アポクリン腺対策なんですね。

手汗が気になる人にとっては、消臭力はあまり重要ではありません。
手が汗で臭くなることってあまりないですし、もし手が臭くなっても化粧室などですぐに洗えますよね。

手汗対策に必要なのはエクリン腺対策、つまり制汗力だけです。

 

そもそもなんで手汗をかくのか?

人間が汗をかく理由は2つあります。

体温調節

温熱性発汗と呼ばれていて、暑い時や運動した時に汗をかきます。
体温や皮膚温が上昇したり、運動するときに筋肉が動くと、脳の体温調節中枢が汗を出す命令を送ります。

体温調節の発汗は全身に起こりますが、手のひらや足の裏などではほとんど発汗しません。
一番発汗量が多いのは額で、これは脳の温度調節をもっとも重視しているためだと考えられています。

 

精神性発汗

手のひらに汗をかくのはこれがほぼ全ての原因です。
ストレスを感じたり、緊張したり、自律神経が乱れたりすると発汗することが分かっていますが、
詳細なメカニズムは現在も明らかになっていません。

メカニズムが不明なので治療することは難しいですが、対策はあります。

 

汗を止めるには身体を押す「半側発汗」

人為的に汗を止める方法として知られているのは「半側発汗」
「はんそくはっかん」
と読みます。

他人と握手をする前にやっておくと効果的なのでとてもおすすめの方法です。

もし右手で握手をするなら、上半身の右横側を押してください。
すると、上半身の右側から出る汗が止まります。
顔の右半分、右の脇、右手など、体の右上半身から出る汗が不思議なことに止まるんです。


引用:花王株式会社

これは皮膚の反射(皮膚圧反射)によるもの。
押した側の皮膚が圧迫されていると汗の蒸発が出来なくなるので、無駄な水分を失わないための調節機能だと考えられていますが、本当のところは不明です。

でも、とにかく効果があることは確かなので、
「手汗をかきたくない。短時間でいいから汗を止めたい」という時にやってみてください。

芸者さんたちは厚化粧をしているけど、顔に汗をかきませんよね。
あれは帯を高い位置でキツく結んで上半身に常に強い皮膚圧をかけている状態にしているため、上半身に汗をかかなくなっていると言われています。

ちなみに顔汗を止めたいときには、乳輪のあたりを強く圧迫すると効果的だと言われています。
(参考:五味クリニック 五味常明医師)

 

手汗用の制汗剤は、脇用よりも効果が高い

基本的に手汗を24時間完全に止めるには手術で汗腺を切るしかありませんが、悪影響も出るので普通はそんなことしません。
お医者さんも余程のことがない限りおすすめしないです。

しかし諦める必要はありません。
24時間汗を止めるのは無理でも、一時的に止めるだけなら何とかなります。

上で紹介した半側発汗以外の方法では、手汗用の制汗剤がおすすめ。

おすすめとは言ってもどの商品にも効果に個人差がありますし、手に使うものなので普通に生活したり、手を洗ったりすると徐々に落ちてきます。
1度使えば1日中効果が持続するということはありません。

ただ実際に使っている人の意見を聞くと「やらないよりはマシになった」という声が多いです。
劇的に変わったという人もけっこういるので、手汗で悩んでいる人は試してみる価値があります。

手汗専用の制汗剤は商品数が少なくて、お店などでもあまり売っていません。

そのため、脇用、足用、全身用などの制汗剤を手にも使っている人もいますが、
脇用だと制汗力よりも消臭力を重視した配合になっているので、できるだけ手汗用のものを選びましょう。

 

手汗専用の制汗剤を選ぶ際の注意事項

制汗剤は使い心地や効果の持続力などが商品によって異なっています。

特に注意したいのは、
肌への刺激が大きい成分が入っている商品です。

肌の弱い人はトラブルの元になってしまうので、しっかりと購入前にチェックしておきましょう。

よく使われている成分

・塩化アルミニウム

手汗専用の制汗剤によく使用されている成分で、汗腺に作用し、発汗を抑える働きを持っています。
制汗力は強いのですが、持続力がないため、何度かつけ直す必要があります。

また、刺激が強い成分なので肌が弱い人は注意しましょう。
ただし手のひらは皮が厚いので、手汗用の制汗剤に使われている場合は肌荒れなどのトラブルが起こりにくいとされています。

・クロルヒドロキシアルミニウム

舌を噛みそうな名前ですね(笑)

塩化アルミニウムに比べると制汗力はそこそこですが、刺激が少なく安全性の高い成分です。
そのため多くの制汗剤に使用されています。

・フェノールスルホン酸亜鉛

皮膚への刺激が非常に小さいのですが、制汗作用もその分小さい成分です。
顔などの皮膚が薄い部位に適しています。
シーブリーズに入っているのはこれです。

 

気をつけたい成分

・イソプロピルフェノール
・過マンガン酸アクリノール
・酢酸
・ホウ酸
・塩化ベンザルコニウム
・銀イオン

これらは殺菌効果があり、消臭力を売りにした脇用の制汗剤に多く使用されいてる成分なのですが、人によっては皮膚にトラブルを起こすこともあります。
手汗対策に消臭効果は必要ありませんので、これらの成分が入っていたとしても少量の商品を選んだ方が、お肌には優しいですね。

 

おすすめの手汗専用の制汗剤

脇や足用の制汗剤はスプレータイプのものや、パウダータイプのものが多いですが、手汗専用のものはクリームタイプが多いです。

スプレーやパウダーは使いやすい利点がありますが、持続力が弱いなどの欠点があります。
手のひらの場合はスプレーしなくても、ハンドクリームのようにサッと塗ればOKなのでスプレータイプにする必要がないんですね。

圧倒的おすすめNo1
TESARAN(テサラン)

⇒ 手汗対策クリームTESARAN(テサラン)

おすすめしたいのはこれ。テサラン。

クリームタイプの制汗剤で、主要成分はクロルヒドロキシアルミニウム。肌への刺激が小さいけど、制汗作用がある成分ですね。

「出掛ける前に朝一回塗るだけで最大72時間も効果が持続する」とメーカーの商品説明にはあります。

いや、さすがにこれは嘘だろ?と私は思ったのですが、
実際に使った人の話を聞いても、汗の量にもよるけど塗り直しはした方が良いらしいです。

メーカーの説明には前提があって、72時間ずっと手を洗わないとかそういう条件下でのお話なんです。
広告に嘘はありませんが、さすがに3日間も手を洗わない人はいませんよね(笑)
72時間効果が持続するというのは「特定の条件下ではそのくらい効果がありますよ」という宣伝文句ですね。

そんなちょっと大げさなこの商品がなんで一番おすすめかというと「365日全額返金保証がある」から。
効果が実感できなければ全額返金してもらえるんです。

「買って失敗した…」なんてことがあったらガッカリですよね。
テサランは1本3,980円ですけど、効果があるのならそれくらい払う価値がありますし、なければ返品すればOK。

制汗剤の効果は個人差が大きいので、
人によっては「買って良かった。人生が変わった!!」と思えるくらい満足する人もいますし、
「期待したけど自分にはまったく効果がなかった」という人もいます。

使ってみるまでは自分がどっちなのか分かりません。
そういう商品なので、全額返金保証があれば安心ですよね。
他の企業が販売している制汗剤にはこんな保証はありません。メーカーとしてはものすごく大きなリスクを取ることになりますからね。
テサランはこの点が本当にすごいと思います。

 

他にも手汗に効くとされている制汗剤を10個以上調べたのですが、
定期購入しても実質1本8,000円以上もする高額商品だったり、値段は安いけど使っている成分がイマイチな商品だったりで、おすすめできるものがありませんでした。

化粧品系の商品は効果があるのか怪しいのに、値段設定が高過ぎるものが多いんですよね。
女性は美容にはケチらずお金をかけるので男性の私とは金銭感覚が違うのかもしれませんが、でもやっぱりコストパフォーマンスは重要だと思います。

その点、テサランは効果がなければ返金してもらえるので、ダメ元で試してみても損はないと思います。
縁あってこの記事を読んでくれているあなたに「めちゃくちゃ期待したのにお金の無駄だった…」という思いはして欲しくありませんからね。

過度な期待はせずダメ元でテサランを試してみるならアリかもなと考えて、おすすめさせて頂きました。

最後は開き直る!!

半側発汗や制汗剤でバッチリ事前に手汗対策を行っておけば、心に自信を持てるので、緊張やストレスによる発汗量が自然に減ります。

手汗を取り除くには、精神を安定させることも非常に重要なポイントです。

「これだけ努力して汗対策をしたんだ。これでも汗が出るならどうでもなれ!!」と思えるくらいになれば、発汗対策とメンタルの改善の相乗効果で汗を抑えられます。
悩まずに開き直ると精神性発汗は止まりやすくなるんです。

握手をするときや、恋人と手をつなぐときには、しっかりと事前準備をして、最後は開き直ってしまいましょう。

どうにでもなれ!!と思っている時は精神が安定している状態です。
そう思えるには「私はできるだけのことはやったんだ」という自負が必要です。

この記事を最後まで読んだあなたもきっと、すごく汗に悩んで努力をされているはずです。
やれるだけのことをやったら、これ以上悩んでも何かが変わるわけではありません。気にしないことです。

大学入試などと同じですね。
勉強するだけしたら、あとは運です。
悩んでも心配しても結果が変わるわけではありませんので、気にするだけ損ですよ。

気にしなければ手汗も止まります。

 

スポンサーリンク
 

-恋愛エチケットグッズ

Copyright© Web-Love , 2018 All Rights Reserved.