withに登録して1週間。初めてのマッチング成立!!

更新日:

 

仲の良い男友達3人で恋活サイトの『with』に登録してから、1週間。

withの統計によると、女性から「いいね」を送るのは男性の10分の1しかないらしいので、
男性は女性から「いいね」されるのを待っていてもマッチングしないということ。

男性は気になった女性にどんどん「いいね」していかないと、誰にも会えないまま退会するハメになりそうです。

そこで私は1週間で、気になった女性に「いいね」をしまくりました。
その数30回。

現実社会でも恋活サイトでも草食系では恋愛のチャンスはやってきません。
やはり男は自分から声をかけられる肉食系にならないと素敵な女性をゲットできませんよね。

 

30回も「いいね」をしてもマッチングしない

私は肉食系になって積極的に「いいね」をしていったのですが、1度もマッチングしませんでした。

私が「いいね」をした相手の女性が、私のプロフィールを読んで気に入ってくれれば「ありがとう」をしてくれます。
「ありがとう」をしてくれたらマッチング成立となり、ここで初めて女性と会話ができるようになります。

つまりこの1週間、
私が「いいね」をした女性たちは、私のプロフィールを読んでも何も魅力を感じなかったので「ありがとう!」をしなかったということです。

私が「いいね」を押してから、だいたい1日以内に女性たちは私のプロフィールを読みに来てくれています。
足あとが残っているのでそれは分かります。

でも「ありがとう」が誰からも貰えません。

原因はwithが出会えないサイトだからとか、女性がみんなサクラだからとか、そういうことではないでしょう。

最大の原因は、
「私がプロフィールに自分の顔が写っている写真を一枚も載せていなかったから」だと考えました。

 

出会えるか、出会えないかは、プロフィール写真で決まる!!

withでマッチングするには写真が圧倒的に重要です。
これは男性も女性も同じ。

withのシステムでは異性を検索して、最初に見れるのは写真と1行のコメントのみ。それ以外の情報は何もありません。

第一印象が「写真と1行のコメント」だけで決まってしまいます。
心理学では、この第一印象がマッチングするかどうかをほぼ決定づけるほどの最重要ファクターということが分かっています。

ちなみにどれほど第一印象が重要なのか心理学に基づいて解説した記事を書いています。
興味のある方は参考にしてみてください。
 第一印象でその後の人間関係が決まる!?第一印象を良くする会話術

withの場合は、プロフィールの写真だけで相手を気に入るかどうかがほぼ決まってしまいます。
プロフィールの他の項目はお飾りみたいなものでしょう。
そもそも写真で興味を持ってもらえなかったら、プロフィールの他の欄を読んでもらうことすらできませんしね。

 

私は実際にwithを使ってみて「このシステムだと写真が一番重要だな…」と気づいてはいたのですが、顔写真をサイトにアップしていませんでした。
その理由は「単純に面倒だったから」(笑)

私は自分の写真を撮るのがあまり好きではなく、旅行などに行っても風景や食事などの写真は撮ったりするのですが、自分は写真に入りたいとまったく思いません。
幼い頃からずっとそうでした。
なんかやたらに写真に写りたがらない子っていますよね。それが私です。

だから自分の写真をほとんど持ってないんですよね。

そんな性格なので、わざわざサイトに載せるための自撮り写真を撮るのが面倒に感じて、適当な風景の写真などしか載せていなかったんです。

このことが「いいね」を押してもマッチングしない理由でした。

 

イケメンはマッチングアプリに強い

私が何の進展もない間、一緒にwithに登録した親友2人の状況はというと…

 

既婚者のN野は、登録しただけで何もせず。
プロフィールもチュートリアルで適当に書いただけで、「いいね」もまったくしていませんでした。

学生時代はつねに二股をかけているほどの女好きだったN野ですが、結婚してからはまったく変わってしまって、娘と仕事のことだけで頭がいっぱい。
嫁さん以外の女性に関わるのが面倒に感じるようになったと言っていました。
いやー、変わるもんですね。人って。

N野は私に付き合って登録してくれただけだったみたいです。
本当は面倒だったんだろうけど、黙って付き合ってくれたんだな。ありがとうN野。

 

独身で彼女もいないT山は、顔写真を載せただけで、あとは放置。
「いいね」も押さず、プロフィールも特に書き込むことなく、女性から「いいね」がされてないかチェックしていただけでした。

しかし、このT山。
女性受けするイケメンです。カッコ良さの中にも優しい雰囲気を漂わせる色男。身長は178cmでスタイルも良い。

一緒にお見合いパーティーに行ったことがあるのですが、T山は女性たちから連絡先をもらいまくっていました。
参加していた50人の男性の中でもダントツのトップの人気になるほどの男です。
歩いていたら知らない女の子に突然告白されたりとか。T山はそういうレベルのイケメンです。

そんなT山はたった一週間で12人の女性から「いいね」をもらっていました!!
「女の子は自分からいいねをしない」という話はT山には関係ないようです。

さすがT山。圧倒的な絵ヂカラ。

マッチングアプリのシステムではイケメンは強いです。第一印象が最強ですからね。

良い子いた?
T山
とりあえずみんなとトークはしてるよ。誰がいいのかはまだ分からないな。
可愛い子もいるでしょ?
T山
いるね。栗山千明にめっちゃ似てる子とか。でも、俺はちょっと違うかな
マジかよ。俺、栗山千明すごいタイプだ。いいな~
T山
もう少し話してみるわ

 

なんか、T山はモテるだけあって、選ぶ立場の人間だなぁと思いました。
女性の容姿に惑わされず、冷静に人格を見極めているというか。

T山は人間的にもすごく優しくて良い奴だけど、言い寄ってくる女性には意外と厳しい一面があります。
イケメンゆえの防衛本能でしょうかね?

そんなんだから結婚したくてもできないのだろうと私は思いますけどね(笑)

 

心理学を応用したイベントで相性の良い人が見つかる

登録してみて初めて知ったのですが、withではイベントがけっこう行われます。

イベントというのはDaigoさんが監修した心理学を応用したもので、質問に答えていくだけで自分の価値観と合う異性を検索結果に表示してくれるというもの。

たとえば、
イベントで金銭感覚の心理テストを受けると、自分と同じ金銭感覚の異性を紹介してくれます。

結婚を考えた時には金銭感覚は超重要なポイントですよね。

金銭感覚のズレた人と結婚してしまったら、下手すれば離婚につながるようなことにもなりかねません。
結婚してから初めてこんなに金使いの荒い人だと分かったとか、付き合っていたときは隠していたけど実は借金があったなんてパターンもよく聞きます。

やっぱり付き合う前から金銭感覚が分かっているというのは大きいですよね。

こういうイベントは本当に利用者のためになっていると思います。

心理学好きな私としては、心理学がこういう形で人の役に立っているのは嬉しいです。

 

私がまだやったことがないイベントもいろいろと行われるみたいです。

面白そうだなぁ~。笑いのツボが合う人が見つかるとか良さげですね。

 

ガチで女性受けする顔写真を載せることにした

私もこのままではwithに登録した意味がありません。

面倒だけど、顔写真を載せることにしました。

私の容姿はどこにでもいる普通の30代のおじさんです。
T山のように見た目だけでモテたことはありません。むしろ私は一重まぶたで目つきが悪いので、第一印象はあまり良く思われません。

そこで私の心理学の知識をフルに活かして、女性に好印象を持たれやすい自撮り写真を撮ることにしました。

目指すのはこんな写真です↑

 

①まず笑顔。これは絶対。

作り笑いにならないように、YouTubeでお笑い番組の映像を見ながら撮影することにしました。

お笑い番組を見れば自然に笑えるし、わざわざ自然な笑顔を作るためにこんなことまでしてる自分が馬鹿らしく思えて、また笑顔になるし。
この方法は効果的でした。

撮った写真を自分で見ても、とても自然に笑えていました。

②次のポイントは赤い服を着ること。

これは心理学ではロマンティックレッドと言われる自分の性的魅力を高めるための効果的な方法です。
女性でも男性でも効果があります。

モテたいとき、自分を強く見せたいときは、赤い服を着ましょう。

この記事で赤い服の効果について詳しく解説しています。
 赤は力強さと美しさの色。モテたいなら赤い服を身につけろ。絶対に。

③最後のポイントは、ピースサインをすること。

これは優しい印象や親しみを感じさせるためのポーズです。

写真を撮るときにピースをするのはあるある過ぎて寒いくらいですが、あえてあるある過ぎることをすることで、相手に親しみをもってもらうのです。
人は自分がよく知っていることに対して安心感を持ちますからね。

withで私の写真を見る女性たちは、私のことを何も知らない人たちです。
その人たちに一目見ただけで親しみを感じてもらうには、あるあるをすることが効果的だろうと考えました。

心理学的な戦略に裏付けされた渾身の自撮り写真を撮って、サイトにアップ。

赤い服を着た普通の30代の男性が笑ってピースしているだけの写真です。

しかしモテ効果はあるはず。
心理作用は無意識のうちに働きます。

さらにダメ押し。

動物と一緒に写る

飼っている猫にも協力してもらって、猫と一緒に撮った写真も載せました。

これは優しさアピールですね。
「猫好き=動物が好き=優しい人」という印象操作です。

人間は「この人は優しそう」と思ったら警戒心がなくなります。
街でも話かけられやすいのは優しそうに見える人です。

恋活サイトでも同じですよね。
「この人となら話してみようかな」と思ってもらうことがまずは大切です。

これでイケメンじゃない私でも好感度は高くなったはずです。

Camera360などのキレイに自撮りできるアプリを使っている女性はwithにも非常に多いですが、私は使っていません。

あとスノーを使っている女性も多いですが、男性からの好感度は低いです。
スノーは男性から見ると、女性としての魅力を失わせる加工ですからね。せっかくモテ要素を持っているのにそれを台無しにしてしまいます。
それにちょっと気持ち悪いし(笑)

会員はみんなリアルな出会いを求めているので、過度な加工はひんしゅくを買います。
実際に会ったときにギャップを感じさせて、いきなり好感度を下げることになってしまいます。

カメラアプリはインスタやツイッターなどにアップする写真を撮るには良いのですが、
恋活サイトのように会うことを前提にしている場面では、そんなに使う必要はないかなと思います。
使っても軽いフィルターをかけるだけにしておきましょう。

 

①自然な笑顔
②赤い服
③ピース
④動物と一緒

好感度をMAXにする写真は撮れたし、
あとはどんな反応があるのか待って確かめることにしました。

 

ついでにモテ写診断もやってみた

withでは「モテ写診断」と言って、アップした顔写真が女性から見た場合に好印象かどうかをスコアで判断してくれます。

私もさきほど撮った自撮り写真を使ってやってみました。

5段階評価です。

顔のサイズ…4
顔の明るさ…5
目が見える度…5

スコア平均4.7

改善点はひとつもなく、「完璧なモテ写です!」と評価されました。

ふふふ…そうでしょうそうでしょう。
心理学的に計算され尽したモテ写真ですからね(笑)

 

プロフィール写真をアップした結果…マッチングしまくった

翌日、なんと近県に住む女性から初「いいね」をいただきました!!

私から「いいね」をした女性ではなく、プロフィール検索から来て「いいね」ボタンを押してくれたようです。

あいさん(仮名)という女性です。
私より5歳下。性格の明るさが写真からも伝わってくる素敵な女性です。

速攻で私は「ありがとう」を連打!!
(連打しても意味はないですが)

心のこもったありがとうです。初いいねありがとう!!
これは本当に嬉しかったなぁ

 

これであいさんとマッチングが成立したので、トークができます。

ただ、トークをするには男性は有料会員になる必要があります。(女性は無料です)

あいさんは可愛いし、明るそうだし、普通に好印象な女性です。
トークしない選択肢なんて私にはありません。初いいねをくれた感謝も伝えたいです。

私はとりあえず1か月プランで契約することにしました。2800円。

無料でずっと使えれば最高なんですけどね。
まぁ、2800円程度なら仕方ない。安い焼肉1回分の我慢です(笑)

料金はクレジットカード払いなので簡単でした。
クレジットカードはテレコムクレジットが決済代行をしているのでwithを運営するイグニスに情報が漏れることはありません。

 

あいさんとは今後どうなるのでしょうか?
ワクワクするな~

 

(追記)

顔写真をのせてからは、毎日1回は「いいね」がもらえるようになりました。
登録から2週間経った現在では、5人の女性と同時にトークをしています。
まだ実際に会うところまでは進展していませんけどね。お互いの生活のことなどを話している段階です。
すごく会いたいアピールをする女性もいて、こっちがちょっと引いたりしています(笑)

マッチングするにはやっぱり写真が最重要です。
顔写真を載せてからは、女性たちの反応がガラリと変わりましたから。

これは女性でも同じですね。真顔の人や、目つきのヤバイ人にいいねしたいなんて思いません(笑)
いくら美人でも真顔だと魅力は10分の1以下になってしまいます。

なかなかマッチングしないという人は顔写真をいろいろと工夫して撮ってみましょう。

ポイントは相手に印象がよく伝わるように撮ることです。
イケメンである必要も、美女である必要もありません。

「良い人」「優しい人」「明るい人」に見えるように工夫するのがポイントです。
T山もイケメンですけど、優しい雰囲気の顔をしてますしね。何の努力もなしに…、あいつはズルい(笑)

 

恋愛・婚活マッチングサービスwith 公式サイト

 

-with体験談, マッチングアプリ『with』

Copyright© Web-Love , 2018 All Rights Reserved.